FC2ブログ

ナガサキアゲハの 終齢幼虫

庭のミカンの幼木に見慣れないアゲハの幼虫がいた。
今の時期にまだ蛹化しない終齢幼虫の姿を見るとは思わなかったなぁ。
そばに置いたゴムの木の葉っぱにコロコロと糞が落ちていたのが発見の手掛かりになった。糞がなければ到底見つからなかったな。

調べたらナガサキアゲハの終齢幼虫と判明した。

南方系のアゲハ蝶だが地球温暖化の影響か当地でも見られるようになってきた。
幼虫を見たのは初めて!  しかも我が家の庭で!
蛹になって越冬して羽化するまで見届けたいなぁ。
あまり寒くならないうちに蛹化して欲しいね。
蛹化する前にどうやって収容するか考えないと・・・。
枝ごと切ってケースに入れるのが一番簡単かな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。
今年は、アゲハチョウの幼虫の越冬の手助けをするんですね。
私が子供の頃、ミカンの木にアゲハチョウの幼虫がいっぱい居ました。

Re: No title

蛹の越冬は何にも世話することがないのでほったらかしになると思います。
うまく収容できればの話ですが・・・。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード