FC2ブログ

背負い籠に挑戦

背負い籠身辺多忙でしばらく休んでいたが、2ヶ月ぶりで工房に出かけた。

師匠の店で売っている「背負い籠」(写真)が気に入っており、いつか挑戦しようと思っていたので、やってみることにした。

材料は孟宗竹、ヒゴ割が難しい。

背負い籠1幅11mm 長さ1430mmのヒゴは、皮のほかに身の部分も使う。

ヒゴ22本を、見本を参考に六つ目編みで先ず底を形作る。

背負い籠225mm幅の薄く割ったマワシを編み込んでヒゴを立ち上げるが、大きすぎてなかなか上手く出来ない・・・。

てこずっていると、見かねた師匠が引き取って、アレヨアレヨと見てる間に立ち上げてしまった。

後を引き取って広幅のマワシを4本編み込んでタイムアップ!

この続きはまた来週・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード