FC2ブログ

クロコノマチョウの幼虫

クロコノマチョウ幼虫a
谷戸奥のクサヨシに、「クロコノマチョウ」の幼虫がたくさんいた。
クロコノマチョウ幼虫b正面から見ると愉快な顔つきで、2本の角をふりたてて葉の上を移動していく。

縦縞の入る顔つきのものも見たことがあるが、真っ黒から変身するのかなぁ?

3cm程の長さなので、少なくともあと1回は脱皮して終齢幼虫になると推定・・・。



反、脱、不信、依存、容認、推進・・・
何れも「原発」の前や、後にに付く言葉は様々だ。
特に「怨」を付けて避難先を彷徨う人々がいることを
忘れてはならない・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード