FC2ブログ

シジュウカラの子育て

巣箱1
昨日、近所のあるお宅を訪れたときに、興味深いシーンを見せていただいた。 
ご主人が趣味で作った巣箱に「シジュウカラ」が入居して、毎年子育てしているそうだ。
巣箱2巣箱は、リビングのガラス窓越し2mほどの見える位置に掛けられており、家の中でくつろぎながらバードウォッチングができる、なんとも羨ましい環境なのだ。

丸穴玄関の周囲が大分ツメで傷付いているのは、使い古されている証拠?

巣箱3シジュウカラの夫婦は、目下子育ての真っ最中で、2,3分おきにムシをくわえて戻ってきて、丸い穴に入っていく。

出てきたのは黒のネクタイの幅が広いお父さんで、最初の写真はネクタイの細いお母さんである。

時には、カラスが屋根にとまったり、猫が木に登っていたりと、巣立ちまでは気が気でないと奥さんが仰っておられたが、人間に見守られて今年もきっと無事に、ヒナの巣立ちが見られるだろうな・・・。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード